シェアする ツイートする LINEで送る

シェア

メニュー

レインズ(REINS)とは? 詳しく知れば不動産売却も変わる。

REAL ESTATE INFORMATION NETWORK SYSTEM(不動産流通標準情報システム)の略称、いわゆるレインズ(REINS)というもので、不動産流通機構が運営している不動産情報交換(基本的には不動産売却情報がメイン)のため平成2年5月から導入されたコンピューターシステムです。

いわゆる宅地建物取引業者免許を取得した不動産会社だけが、不動産の情報を載せたり出来る、不動産会社同士が情報をやり取りする為の閲覧が出来るサイトがレインズ(REINS)になります。

そのレインズ(REINS)の活用方法を理解した上で、不動産の売却を不動産仲介業者に依頼するようにしましょう。

久保木 敦也

執筆者

第一支店 久保木 敦也

レインズ(REINS)を利用するには?

東日本不動産流通機構の構成4団体(サブセンター)のいずれかに入会するか、団体に加盟していない不動産業者であれば、別途費用を支払って手続する事によりレインズ(REINS)を利用出来る。

4団体とは、1、宅地建物取引業協会。2、全日本不動産協会。3、不動産流通経営協会。4、全国住宅産業協会となります。

レインズ(REINS)に登録が必要な場合とは?

不動産会社同士が不動産の売買や賃貸の情報を得られるサイトですので、不動産会社が自ら貸主、売主となる場合にも、レインズ(REINS)に不動産情報の登録が可能となっていますが、宅地建物取引業法上、レインズ(REINS)に登録を義務付けられている場合は、売買ですと売主、賃貸ですと貸主から媒介(仲介)の依頼を受けている不動産会社になります。

ただ、媒介(仲介)契約書を交わしたとしても、3種類(一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約)の中で、専任媒介契約書と専属専任契約書を交わした不動産会社だけが、レインズ(REINS)への登録が宅地建物取引業法上、義務付けられています。

専属専任契約書を交わした場合には、5営業日以内に、専任媒介契約書を交わした場合には、7営業日以内に登録が必要になります。一般媒介契約書でもレインズ(REINS)に登録は可能ですが、義務付けられてはいません。

新宿7丁目

レインズ(REINS)に登録をして貰ったら?

不動産の売却で専任媒介契約書や専属専任媒介契約書を交わしたら、不動産会社からレインズ(REINS)に登録した物件情報の概要、登録日等、IDとパスワードの記載された登録証明書が発行されますので、それを必ず受け取った上で、売却の取引情報を自分で確認する事が可能になります。

売却の取引状況とは、1、公開中。2、書面による購入申込有。3、売主都合で一時紹介停止中の3つがあります。

不動産仲介業者には、買主に仲介会社が入っていると、買主側から仲介手数料が得られないが為に、上記2の書面による購入申込有と偽る不動産会社も数多くいます。

売主自らレインズ(REINS)登録証明書に記載のIDとパスワードで検索して、上記2の書面による購入申込有になっていないか度々確認する事が重要ではあります。

大手不動産仲介会社でも違法行為をしている事はありますので、大手不動産会社だから安心では無く、また不動産売却を全てお任せでは無く、自分の所有不動産はいくらで売れるのかを自らインターネットで調べて把握したり、所有不動産が売れるまでは、自ら不動産を管理する気持ちが無ければいけないのだと思います。

不動産会社にレインズ(REINS)登録をして貰って、それを利用して上手に不動産の売却をする事が重要だと思います。

イーケンの新築計画
イーケンブログ一覧