シェアする ツイートする LINEで送る

シェア

メニュー

不動産の小さな豆知識(公道・私道編) 

はじめまして。
初めて不動産会社に勤めて、
不動産業務の中で不思議に思った事、
なるほど!と知ったことなどを書いていきます。

イーケンのホームページにも不動産豆知識が
ございますが、ここではもっと小さな豆知識を
簡単にお伝えしていこうと思います。

國吉 大輝

執筆者

第一支店 國吉 大輝

今回は公道・私道について

相続で譲り受けた土地ですと前面道路が
公道か私道か分からないと言う方もいます。
普通の道路に見えても取扱いが異なり大変!!

まず役所に行けば公道か私道か分かりますので、
調べてみて下さい。私道の所有者によってはトラブルにもなります。

現在では土地の売買の際に隣接地の方との
土地の境界の確認書を買主から取引の際に
求められます。

当然、私道にも所有者がいますので、
私道が何人もの共有名義の所有であれば
私道との土地境界を示し何人もの
署名捺印が必要になってきます。

また、私道の場合ですと買主が土地購入後に
建物の新築計画をする際、工事車両の通行、
建替えた後の所有車の通行、
給排水やガス管などのインフラの
新設の為の道路掘削、そのような
承諾書を私道の所有者全員から
署名捺印を取得しなければ
近隣相場の価格では売れなくなってきます。

公道、私道、見た目はどちらも道路ですが、
大きく取扱いが異なる道路の話でした。

土地を買われる方は、私道・公道の取扱いを
理解した上で、是非土地を購入して下さい。
ではまた。

 

イーケンの新築計画
イーケンブログ一覧